未来を制する企業

ウォルマート

小売業世界最大手のウォルマート。創業は1962年。

ウォルマートの特徴は地価の安い場所に店を建て、従業員の賃金を低くし、安価な商品を販売すること。
買い物客が何を買っているのか把握し一番売れるブランドや商品を大量に注文するビジネスモデル。

1960年代のハイパーマーケット。

2006年の時価総額は1580億ドルだったが2017年には2439億ドル。

2020年6月ショッピファイと連携。

インホーム・デリバリー

注文した商品を自宅まで届けてくれ、留守の時でも従業員が冷蔵庫に入れておいてくれるサービスを提供している。

ウォルマート+

2020年9月にサービスを開始したウォルマート+。
年間約1万800円で店舗からの無制限の無料配達のサービスを受けることができる。

ロッカーサービス

ネットで注文した商品が入っていてお店に入ることなく家に持ち帰ることができる

DX

ウォルマートはデータをうまく活用した企業の一つです。
新型コロナの影響でスーパーが苦戦しているなか15年以上前から最新のデジタル技術を取り込んでいたのでコロナ禍でも売り上げは伸びています。

データをうまく活用している事例があります。
ビールとおむつがセットで売れる情報(子供が生まれたばかりの父親が母親におむつの購入を頼まれ、スーパーを訪れた際に自分が飲むためのビールも購入していた)をもとにビールに合うおつまみや若い父親が好む商品を揃え、レコメンデーションできるようにしているのです。

DXの推進はスタートアップを買収することで加速させています。

フードスタンプ

フードスタンプとは低所得者向けに食品購入時に使用することができる金券のようなもの。2019年の受給者は4700万人。この受給者がウォルマートを頻繁に利用している。

CCC

CCCとはキャッシュ・コンバージョン・サイクルの略で商品を仕入れて販売、代金を回収するまでにかかる日数。
ウォルマートは約12日間を要する

打倒Amazon

Amazonはロジスティック企業 テクノロジーでインフラを整えてきたAmazon。Amazonの今を知ることはビジネスの最先端を知ることであり未来の社会を知ることになる...
You cannot copy content of this page